婚活ブーム

2007年に初出し、2008年には流行語大賞にもノミネートされた婚活という言葉。

それ以降、現在に至るまで雑誌やテレビなどで婚活という言葉は取り上げられ続け、多くの独身男女の間で婚活をすることがブームになった状態が、現在までずっと続いています。

婚活ブームが到来するまでにも、結婚を考えて結婚相談所に登録したり、積極的にお見合いをするなどしていたという人はたくさんいたはず。

でもそれを声を大にして「結婚したくていろいろがんばってる」とは、ちょっと言いづらい状況だったのではないでしょうか。

しかし婚活ブームが続く現在、結婚を目的としてさまざまな活動をすることは、結婚適齢期の男女にとってごく自然なこととして受け止められるようになりました。

婚活していることを口にすることも、以前に比べるとかなり気楽になってきているのではないでしょうか。

この婚活ブームは、婚活サイトをオープンさせる業者が増えたり、結婚相談所がお見合いパーティーを頻繁に開催するようになるなど、さまざまな分野に影響を及ぼしています。

このような点から見ても、この婚活ブームは現在結婚を真剣に考えている男女にとっては、かなりの追い風となっていると言えます。

このブームに乗って婚活を始めた、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

「ブームとは短期間で終結してしまうもの」と言われる社会の中で、ここ数年ずっと続いている婚活ブーム。

もうしばらく続けば、いつかブームという言葉が取れて、婚活することが当たり前の時代が来るのかもしれませんね。