日経225とは

日経225とは、聞いたことがある人もいるかもしれませんが、ニュースなどで株価の上下を表す際に利用される言葉です。

株が上がった、下がったという際に日経225という言葉が使われます。

そもそも日経225とは、日本の市場には東京証券取引所と呼ばれる大きなマーケットがありますが、この東京証券取引所の一部上場会社の主な225社の株価を合わせて指数化している株価指数を表しています。

この225社というのは今の日本の経済に影響を与える可能性があると判断され、選ばれた株式会社です。

日経225は仕組みがありますが、株価指数は、基準が設けられています。

そしてこの設けられた基準に対して、毎日株価の動きに連動して、日経225の指数を上下させるのです。

例えば三つの会社があったとして、Aは1,000円、Bは500円、Cは1,500円の株価だった場合、この三つの会社の銘柄平均は1,000円です、この1,000円が基準指数の100という数字で表されます。

三つの会社の銘柄平均が仮に翌日1100円になったら、次の日の指数は110円ということで、こうして今は3つの会社で求めましたが、225の会社の銘柄を平均して基準を計算しているのが、日経225なのです。

会社は株数を増やして、マーケットでの流動性をアップさせるために、株式分割や権利落ちなどを行っていきます。

分割の割合や程度によっては株価が半分になったりすることもあります。

ですから、除数、割る数を単純に225で割らずに、こうして序素を毎日計算して、指数の連続性をキープしています。

これが日経225という数字の正体です。