白ニキビって何?

顔の表面にプッツリと白い盛り上がりが出来たら、それは白ニキビかもしれません。

白ニキビはニキビの中でも初期のニキビといわれていて、きちんと治療を行えばニキビ痕を残すことなくスベスベの肌へ戻すことが可能です。

白ニキビが出来てしまわないような日常生活を送ることも大切ですが、白ニキビを見つけたら悪化しないうちに治療を行うのが得策です。

白ニキビは毛穴の中に皮脂がつまり、毛穴が閉じているために肌の内側に白い汚れや皮脂などがたまってしまう状態のことを言います。

白ニキビができる場合には、肌の表面に古い角質がたまっていて毛穴をふさいでいる事が多く、普段からの角質ケアに気をつけていれば白ニキビができる頻度もグンと抑えることができるようです。

白ニキビが出来てしまったら、気になるからと言って手で触ったりメイクで隠そうと思わず厚塗りにしてしまいがちですが、そうすると毛穴のつまりがもっとひどくなってしまうのでNGです。

ニキビが白ニキビの段階なら、実は自分で治療する事ができます。

その方法をご紹介しましょう。

まずは慌てずに清潔な手でニキビの周辺を消毒します。

そして、ニキビを直接触らないように気をつけながら、ニキビの周辺を手でつまんで白い膿を押し出します。

その後がとっても大切。

美白の化粧水や美容液などを集中的につけて、膿を押し出した跡が残らないようにケアをしてくださいね。

白ニキビの治療は早ければ早い方が跡が残る確率も低くなるようです。