キャリア組と仕事内容は違うの?

国家公務員制度において、キャリアという言葉は単なる経験という意味以上の定義を含んでいるようです。
各省庁の高級官僚、その候補生やその昇進システムを指す言葉としても使われています。
キャリアと呼ばれる幹部候補グループは、昇進スピードも速く、将来的には高級官僚ポストを占めます。
キャリア制度とは、このような高級官僚の採用や昇進システム全般を呼びます。
キャリア公務員となるためには、採用試験で選抜されたごく一部に含まれなければなりません。
採用試験に合格しキャリア組に入っておくことで、この先に高級官僚への将来像が待っているのです。
仕事に取りかかる前から、キャリア組とそれ以外のノンキャリア組は別扱いです。
キャリアに入るとどんどん出世していき、省内でも高い位置につくのはいずれもキャリアの人ばかりとなります。
キャリア制度とは仕事の実績などが評価されるというよりも、実際の仕事に就く以前のスタートラインでほぼ将来が決まるといったシステムです。
キャリア官僚になりたくて日々努力をしている人が多いのも無理からぬことです。
仕事の実績や能力が評価されて昇進昇給する一般的な企業とは異なります。
各省庁で採用されているキャリア制度は一種独特なものです。
ただし、現行のキャリア制度に明確な法的制度はなく、各省庁によってキャリアの扱いや仕事の仕方なども違います。
公務員試験の難易度は超難関?【LECの合格できる勉強法とは?】